2019年1月10日木曜日

阪神淡路大震災より今年で24年、災害備蓄用焚黒糖を備えませんか?

 1995年(平成7年1月17日)に発生した阪神淡路大震災より間もなく24年が経とうとしています。
 昨年は大阪北部地震、豪雨災害、台風21号、北海道の地震など災害が多かった年でしたが、今年はそのような災害が起こらないことを願うばかりです。
しかしながら、いつ発生するかわからないのが災害で、万一の非常にに備えて色々な物を備蓄することをお勧めします。 
そこで、(一社)防災安全協会より防災推奨品として認定されており、昨年の防災製品大賞にて銀賞を受賞した、万一の非常時に最適な「災害備蓄用 焚黒糖」をご紹介いたします。


 ◇ 焚黒糖が備蓄にお勧めの理由 ◇

①長期保存ができ、水なしで食べられるため備蓄向きです。
国産原料を100%使用していて、品質が安定しているため、腐敗を
心配する必要がなく、常温で保存できるので備蓄用をしてお勧めです。
②いつでも手軽なエネルギー源です
焚黒糖はひとくちサイズで手軽に摂れる「脳と体のエネルギー源」です。特に、脳の栄養の素である「ブドウ糖」を効率良く摂る事ができる上、焚黒糖に含まれるミネラル分も一緒に補給できます。
また、筋肉や肝臓に含まれている「グリコーゲン」が分解され、エネルギーとして使われた際にも、お砂糖は無くなってしまった「グリコーゲン」を取り戻して疲労を回復させる働きがあります。
③子供からお年寄りまで安心して食べられます。
焚黒糖は、お年寄りから子供まで食べやすい味に仕上げています。
年齢を問わず、「甘いものは安全で、必要なエネルギー源である」と
認識され、安心して食べられる食品であるといえます。
また、当社工場ではアレルギー表示義務対象食品は一切使用しておりませんので、
 安心してご賞味いただけます。

お買い求めは弊社ネットショップ「おさとうドットコム」をご利用下さい。
http://uenosugar.be.shopserve.jp/index.html


2019年1月8日火曜日

FM OH!  LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 1/8クイズのヒント

新年あけましておめでとうございます。
本年もお砂糖の様々な情報を通じて
皆様の健康な毎日のヒントになるようお伝えして参りますので
よろしくお願いいたします。

さて、今年第一回目のクイズは
お砂糖の有効な使い方の一つでもある
「災害時に備えたお砂糖の備蓄についてです」

先日も熊本では地震がありましたが
今月17日には我々関西人は特に忘れられない
「阪神淡路大震災」から24年になります。

いつ何時起こるかわからない災害に備えて
上野砂糖の焚黒糖(たきこくとう)をご活用ください。
特徴は
・お砂糖ですので日持ちがすること
ちなみに保存も常温で結構です。
・アレルギー物質を含みませんので
お子様からご家族皆様で活用いただけます。


今日お伝えしたいのは
ローリングストックについて
災害時に食べるだけとして備えていませんか?
日頃から確認と実際に食べてみることで
いざという時に慣れておくことがとても重要ですよ。
ということで
上野砂糖の「災害備蓄用焚黒糖」
5年を目安に見直していただきたく思います。
実際にはお砂糖ですので賞味期限の設定の必要もなく
長期保存が可能なことは間違いないのですが
             「ローリングストック」覚えておいてください。