2017年2月28日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 2/28クイズのヒント

3月10日
「さとうの日」には
翌日が3月11日
東日本大震災から6年ということで
「災害備蓄用」にお砂糖を備えましょうという活動がされています。

これはお砂糖ならではの特徴を生かしたものですが
その特徴の一つ「長期保存」が可能ということです。

そこで今日のクイズです。

白く見えるお砂糖は賞味期限がないと知られているのですが
ではほかのお砂糖はどうでしょうか?

色がついているお砂糖は別物なのでしょうか?

特に黒糖のように他のお砂糖に比べて栄養価が高いものは
別なのでしょうか?
こちらにヒントがあります。
http://www.osatou.com/iloha/hatena.html

黒糖も色がついているお砂糖もすべてお砂糖です。

2017年2月14日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 2/14クイズのヒント

いよいよやってきました「バレンタイン」

イベントとしては
「ハロウィン」に押され気味なんて話も聞きますが
やっぱりチョコレートは欲しいもの

でもでも、この
「バレンタインと言えばチョコレート」
は日本独特のようですよ。
しかも女性から男性へなんて
洒落てますよね。

そこで今日のクイズ
この日本独特のバレンタイン
始まったのはいつでしょうか?

昭和20年代?
昭和30年代?
昭和40年代?

ちなみに当時の流行語は
「三種の神器」
(冷蔵庫・洗濯機・テレビ)だそうで
※ラジオは?

あと、東京タワーも完成したんですって
まさに「三丁目の夕日」的な頃でしょうか?

東京の百貨店で始まったそうで
当初は「ハート形」のチョコが大ヒットしたようですよ。

焚黒糖もハート形にしたら
バレンタインに使ってもらえるかな?

上野砂糖の手作りチョコレシピはこちらです。








2017年1月26日木曜日

「あさイチ」で黒糖特集が放送されます(NHK)!「ピカピカ☆日本 沖縄の”ヌチグスイ”黒糖」

 平成29年2月3日(金)にV6の井ノ原快彦、有働由美子アナがキャスターのNHK朝の情報番組「あさイチ」(午前8:15~9:54)で「ピカピカ☆日本 沖縄の”ヌチグスイ”黒糖」ということで黒糖の特集が放送予定のようです。
  ※国会中継などにより放送内容が変更となる場合があるとのことです。

 NHKのホームページによると、番組では沖縄県の特産品である「黒糖」が400年ほど前に中国より黒糖の製法が伝わって以来、黒糖が沖縄の生活を支えてきたことや、黒糖が”ヌチグスイ”(命薬)と呼ばれて、かつては薬として黒糖が飲まれていたこと、黒糖は白砂糖に比べてミネラルやビタミンなどが豊富に含まれていることで、健康食品や化粧品などとしても近年黒糖が注目されていることを取り上げ、黒糖の魅力を伝えて頂けるようです。

 上野砂糖では大正2年の創業以来100余年に渡り、沖縄黒糖などの黒糖を使用した加工黒糖や
黒糖蜜など様々な黒糖製品を製造。看板商品の「焚黒糖(たきこくとう)」は沖縄黒糖を主とした黒糖と粗糖を伝統のブレンド製法で焚き上げた品質の安定した美味しい加工黒糖で、2011年には沖縄黒糖の含有率の高さが評価され農水省が主催の国民運動フードアクションニッポンアワードで優秀賞を受賞、また50年以上愛され続ける名品として「大阪産(もん)名品」の認定を大阪府知事より受けた商品です。
上野砂糖では焚黒糖など様々なタイプの黒糖関連商品をご用意しております。

以下商品の一例

上野 焚黒糖 (粉状)
使いやすい粉状タイプの焚黒糖(加工黒糖)。独自の製法と独自のブレンドで、とても食べやすい味です。

上野 焚黒糖 小粒(成形タイプ)
国内産原料100%、粉状から成形した独自製法で、今までにない食感のサクッと食べやすい成形タイプの加工黒糖です

ひとくち黒糖(純黒糖 成形タイプ)
沖縄黒糖100%の黒糖。沖縄粉状黒糖を成形したサクッと食べやすい食感の黒糖です。

黒糖みつパウチ
原料の黒糖に沖縄黒糖のみを使用し、沖縄黒糖の含有率の高い黒糖蜜。
液状タイプで使いやすいパウチパックを採用。(黒糖パックにピッタリ?)


 また最近では災害時などの備蓄用として「災害備蓄用 焚黒糖」を新発売!
5年間の長期保存が可能で、砂糖に含まれる体に重要なエネルギー源のぶどう糖はもちろん、黒糖にはサトウキビ由来のミネラル成分も含まれ、水や加熱なしで食べられるため、非常食としては最適な商品(これぞ!非常時の”ヌチグスイ”?)も取り扱っており、他には黒糖蜜など様々なタイプの黒糖を取り揃えておりますので、詳しくは上野砂糖ホームページ「おさとうドットコム」をご覧ください!

 上野砂糖製品はスーパー、百貨店などの砂糖売り場、弊社ネットショップで販売しておりますので、この機会にぜひお買い求めいただき、さとうきびのミネラル成分豊富な黒糖を生活に取り入れて頂き健康的な食生活をお過ごし下さい!

 上野砂糖のホームページでは、黒糖の歴史や魅力、焚黒糖を使用した料理やお菓子作りのレシピが盛りだくさんですので、是非一度ご覧ください。

今回の放送で黒糖の魅力が一人でも多くの方に伝わればうれしいです!

上野砂糖ホームページ
http://www.osatou.com/

上野砂糖ネットショップ
http://uenosugar.be.shopserve.jp/index.html

ご注文お問い合わせは
上野砂糖株式会社
〒556-0024 大阪市浪速区塩草3-6-3
電話:06-6561-3034 FAX:06-6562-5136


2017年1月24日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 1/24クイズのヒント

チョコレートの季節ですね。
渡す方、そしてもらう(予定)の方
準備は大丈夫ですか?

私どもの「焚黒糖(たきこくとう)」も
チョコレートに見た目が似ているとよく言われます。

いかがでしょうか?
おいしそうでしょ。

ところで
保存方法はどうしたらいいの?
ともよく聞かれます。

ちなみに販売されている場所は
スーパーや百貨店などの「お砂糖」の売り場です。
ということは『開封前は常温』ですね。
では開封後は?

ちなみに、この「焚黒糖(たきこくとう)」
もしもの災害時にも活用いただけるのです。
災害時用の商品はこちら

理由としては
・長期保存が可能だから
・アレルギー物質が含まれないから
・効率よくエネルギー補給ができるから
そして今日のクイズにもある
開封後も常温での保存が可能だからです。

バレンタインにチョコと見せかけて
「焚黒糖(たきこくとう)」を渡すのはいかがですか?










2017年1月10日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 1/10クイズのヒント

あけましておめでとうございます。
新年一回目の「お砂糖に関するクイズ」です。

よく、「賞味期限が書かれていないのですが?・・・」
というご質問をいただきます。

なぜでしょうか?

それはお砂糖は長期保存が可能だからです。
(適切な管理されていることは条件ですが)
ではでは、「消費期限(しょうひきげん)」はどうでしょうか?

ということで
「賞味期限」「消費期限」は何が違うの?
をご理解いただければ今日のクイズはものにしたようなものです。

「賞味期限」と「消費期限」について


そんなお砂糖の特徴を生かして
「災害時の備蓄用」に活用されてはいかがでしょうか?

「焚黒糖」には災害備蓄用もございます。










2016年12月26日月曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 12/27クイズのヒント

クリスマスも終わったかと思えば
次はお正月!
美味しいもののオンパレードですね。
子供のころは苦手だった「おせち料理」も
大人になれば美味しくなりました。
ある方が言ってましたが
「いやいや」でも無理に食べることも大事なようで
それが年を重ねると美味しくなるのだそうです。

確かに、本当に嫌で食べなかったものは
大人になった今でもあまり美味しくは感じないですね。
ということで将来損しないためにも
お子様には好きなものだけでなくて
いろんな味を教えてあげてください。

そんなおせち料理にも欠かせない「お砂糖」
お砂糖にもこだわればさらに美味しい世界を知ることができます。

上野砂糖おすすめは「和三蜜糖」(わさんみつとう)
その名の通り、「和三盆」の原料である「和三宝蜜(わさんぽうみつ)」が大活躍です。
ではでは、名前の中にある「三(さん)」は
何を表しているのかご存知ですか?

A:3時のおいしいおやつによく使われたから?
B:作るために3回行う作業があるのかな?
C:サトウキビを3本集めて初めて作れたからかな?

ちなみにお砂糖の種類にある「三温糖」
この名前にも「三(さん)」がありますが
こちらはグラニュー糖、上白糖、そして三温糖と
作られる順番からも三回目に使われる(温められる)糖液を作ることから
三温糖なんですって。
グラニュー糖や上白糖を作った後に作られるのです。
誰ですか?よりサトウキビの成分が残っているなんてお思いの方は。

ちなみにサトウキビのミネラル成分がより残された「キビ糖」としては
上野砂糖にも「きびあじ」がございます。

では今日のクイズの「和三盆」は?

お砂糖の世界でも特殊で
サトウキビ自体が竹糖(ちくとう)と呼ばれる品種が使われ、
刈り取られた後に搾り汁をナベアツく煮詰められ
そのあと、研ぐ工程が何度か(回以上)繰り返されます。
詳しい内容はこちら

どうですか?
お砂糖のことを知って、『こちらの「三(さん)」はアホではなく賢くなったでしょ。』



2016年12月13日火曜日

FM OSAKA LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 12/13クイズのヒント

いよいよ12月も半ば
早いもので来週末はクリスマスです。

皆さんはクリスマスにしか食べないものって
ありませんか?

そんなもののひとつかもしれませんが
シュトーレンってご存知ですか?

ケーキではなくパンだそうで
ドイツが生まれのようです。

ということで今日のクイズは
このシュトーレン、表面にお砂糖がまぶされているのですが
そのお砂糖の種類は何かな?という問題です。

上白糖かな?
粉砂糖かな?
ザラメ糖かな?


このお砂糖、
私ども上野砂糖でも製造しておりまして
その名も「初雪」

実は粒子がとても細かく
固まりやすい性質もあるのです。
だから一般的には
「でんぷん(コンスターチやデキストリン)」
を配合することで固まるのを防いでいるのです。


でも
上野砂糖ではプロの方からも好評の
でんぷんなどを配合せずにグラニュー糖だけのものもございます。
その名も「純糖」
ぜひお試しください。

ちなみに、このシュトーレン
クリスマスの訪れを待ち望みながら画像のように少しづつ何日も前から
切り分けて楽しむようです。

もちろん、切り分けるときにはナイフなど道具は使わず
手で切り分けるそうです。
シュトー(手刀)レンだけに・・・・・・・・・嘘です。

今週末、12/17(土)18(日)に
大阪府立体育館にて
「天下の台所、おおさかまつり」に上野砂糖が参加します。
詳しくはこちら
美味しいものが目白押し!
ぜひお越しください。

私どものマスコット
「ベビーちゃん」のラインスタンプ
ができました。
こちらもよろしく!