2018年11月13日火曜日

FM OH!  LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 11/13クイズのヒント

「♪USK!♪USK!♪USK!」
『ダサかっこいい』なんて言葉も流行った今年も
いよいよ流行語が話題になる季節、
ということは、まさに「黒糖シーズン」到来です。
「えっ?黒糖は南の島で照りつける太陽のもと、真夏に作られるんじゃないの?」
なんて思われている方、
そんなイメージを持っていると
5歳のあの子に『ボーっと生きてんじゃねーよ』と叱れますよ。
そうです、上野砂糖は知っています。
『黒糖は12月から3月ごろまでしか作られない~~。』

ということで今日のクイズ
そんな黒糖の大事な原料「サトウキビ」はどこで育つ?

A:やっぱり沖縄だけ 
B:いやいや四国ぐらいまでできるでしょ 
C:なんのなんの、本州だって育ちます
さてさてどれでしょう?

そこで今日のヒント。
上野砂糖のインスタをご参考ください!
https://www.instagram.com/p/BqGea7FlGq2/
どうです?関西人にはお馴染みのあの四葉のマークのスーパーが
電柱の向こう側に映り込んでいますよ!
『ひょっこりはん』!と今にも出てきそうですが。
ということは、あのスーパーがある地域でもサトウキビが育っているということです。

日頃、「黒糖(黒砂糖)」に馴染みがないという方も是非
『もぐもぐタイム』のおやつに上野砂糖の「焚黒糖」を食べてください。
その美味しさは『半端ないって』
今年は特に『災害級の暑さ』でしたが
そんな思わぬ災害時にも活用いただける
「災害備蓄用焚黒糖」もございます。

来年は『焚黒糖(たきこくとう)』が流行語になるといいなぁ
・・・・・『そだね~』。



2018年10月30日火曜日

「第10回 姫路菓子まつり2018」に上野砂糖が出店します!

『第10回 姫路菓子まつり2018』に上野砂糖が参加致します!
 姫路菓子組合さんは今年100周年を迎えられ、城菓町 姫路として伝統的なお菓子はもちろん、兵庫の新しい美味しさ・楽しさいっぱいのお菓子が豊富に揃った5日間となっております。
期間中は地元の美味しいお菓子が大集結!期間中、姫路の銘菓限定販売、お菓子の実演・販売、ステージイベント、工芸菓子の展示、児童絵画展、上生菓子の実演など多彩な企画が目白押し!
 上野砂糖ブースでは、沖縄黒糖の含有率の高さが評価されフード・アクション・ニッポン アワード2011プロダクト部門優秀賞を受賞した「上野 焚黒糖(たきこくとう)」をはじめ、和三蜜糖など美味しいこだわりのお砂糖をお得な価格で販売させていただきます。
他にも、売り切れ必至の焚黒糖を使った催事限定商品などここでしか手に入らないお菓子なども販売させていただきます。
※数に限りがございますので、売り切れの際はご容赦下さい。入場無料ですので 、是非お越し下さい。※内容は予告なく変更の可能性があります。

 <開催概要>
開催日時 2018年10月31日(水)~11月4日(日)10:00~17:00
開催場所 大手前公園・イーグレひめじ
主  催 兵庫県菓子工業組合・姫路菓子組合
後  援 近畿農政局・兵庫県・姫路市・姫路商工会議所・公益社団法人姫路観光コンベンションビューロー・全国菓子工業組合連合会
 
詳細に関しては下記WEBサイトをご確認ください。
・姫路菓子組合 http://himejikashi.com/
・姫路観光ナビ https://www.himeji-kanko.jp/event/330

2018年10月23日火曜日

FM OH!  LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 10/23クイズのヒント


前回の放送でもご紹介させていただいた、上野砂糖の「災害備蓄用焚黒糖」。

この度、この「災害備蓄用焚黒糖」が災害食として高い評価を頂き、ある賞の銀賞を受賞致しました。その賞とは次のうちどれでしょう?

A:防災製品大賞
B:災害備蓄大賞
C:災害食品大賞

頂いた賞の名前が今日のクイズですが、どれが正解でしょうか?
ヒントは、防災の製品の大賞です。
もうお解りですよね?

最近はここ大阪でも地震、台風、大雨といった災害による被害が出ています。
非常時の備えは皆さんされていますか?そんな備蓄食材としてもお砂糖は人間にとって必要不可欠なエネルギーを効率的に得られ、また、その甘い美味しさから震災時には人々の心を癒す効果もあります。
ちなみにアレルギー物質も含まれていませんので、お子様からご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。
そんな特徴を美味しく活用した上野砂糖の災害備蓄用焚黒糖がこの度、一般社団法人防災安全協会においての防災製品大賞の中で銀賞を受賞いたしました。
最近の災害でも電気が止まったり、水が出ないなど調理ができない状況も想定されます。
上野砂糖の砂糖の災害備蓄用焚黒糖は調理不要でそのまま、どなたにもお召し上がりいただけます。
 また含まれる御砂糖の成分、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源であり、筋肉にもグリコーゲンとして蓄えられますので災害時などの疲れた心や体には不可欠です。

 地方自治体や学校、企業、個人様での購入も増えてきており、生活に不可欠な一品となっております。
最近は災害時でなくても定期的に備蓄食材を見直し、食べることで確認をする「ローリングストック」が重要とされております。
そこで「災害備蓄用焚黒糖」を定期的に食べることで日頃からその美味しい味にも親しんでください。
 また、会社や各種団体様でのまとめ買いなどご希望の場合も柔軟に対応させていただきます。この機会に一度ご自身の非常時の備蓄について見直してはいかがでしょうか?
上野砂糖のホームページには様々なお砂糖の紹介、活用方法についても掲載していますので、ぜひ一度ご覧ください。

2018年10月15日月曜日

防災製品大賞2018にて災害備蓄用 焚黒糖が銀賞を受賞しました。

 この度、当社の「災害備蓄用 焚黒糖」が、一般社団法人 防災安全協会主催の「防災製品大賞2018」にて、災害食・非常食部門 “銀賞”を受賞致しました。

 この賞は、一般社団法人防災安全協会の主催で、全国50社より72品目の防災製品がエントリーされ、最終審査委員会(審査委員長 青山元東京都副知事ほか5名)で厳正なる審査の結果、1.防災製品、2.災害食・非常食、3.復興支援、4.新製品・開発の4部門より各部門の金・銀・銅賞、特別賞が選ばれ、10月10日(水)に東京ビックサイトにて開催の「危機管理産業展RISCON Tokyo」特設ステージにて表彰式が開催されました。



 当社の「災害備蓄用 焚黒糖」は防災安全協会の「防災製品等推奨品」として認定されており、長期保存が可能な点はもちろんのこと、黒糖ということでショ糖以外のサトウキビ由来のミネラルが摂取できる点、アレルギーの心配も無く誰もが安心して食べられる点などが評価され今回の受賞となりました。
 
防災製品大賞の詳細はこちら(防災安全協会)
http://bousai-anzen.com/grandprize.html

災害備蓄用焚黒糖の詳細(上野砂糖Webサイト)
http://www.osatou.com/product/domestic/saigai_kotubu100.html

2018年10月9日火曜日

FM OH!  LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 10/9クイズのヒント

台風24号、25号の影響で被害を受けられた皆様に、心より御見舞い申し上げます。
台風をはじめとする災害への備えは大丈夫でしょうか?

そこで今回のクイズです。
調理や温めるなどの必要もないので停電や断水の影響もなく、どなたにも活用頂ける上野砂糖の「災害備蓄用 焚黒糖」ですが一粒あたりの大きさは次のうち何gでしょうか?

A:2g
B:4g
C:6g

実は「災害備蓄用 焚黒糖」は一粒約16キロカロリーなんです。
焚黒糖もお砂糖ですので、1グラムで4キロカロリーなので、
答えはもうお解りいただけましたか?

台風により、停電などのライフラインが停止するといった被害もありましたが、
非常時の備えは皆さんされていますか?
お砂糖は人間にとって必要不可欠なエネルギーを効率的に得られますし、またその甘い美味しさとブドウ糖から震災の時には人々の心を癒す効果もあります。
ちなみにアレルギー物質も含まれていませんので、お子様からご年配の方まで安心してどなたにもお召し上がりいただけます。
その特徴を美味しく活用したのが上野砂糖の「災害備蓄用 焚黒糖」です。

黒糖をはじめ、「お砂糖」と聞くと「特別カロリーが高い」と思われていませんか?
お砂糖は1グラムあたりわずか4キロカロリーです。
お砂糖に含まれる成分である、ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源であり、筋肉にもグリコーゲンとして蓄えられますので、災害時などの疲れ
た心や体には不可欠です。

近年は災害時に限らず、定期的に備蓄食材を見直し、食べることで確認をする「ローリングストック」が重要とされております。どうぞ「災害備蓄用 焚黒糖」を定期的に食べることで日頃からその美味しさにも親しんでください。

上野砂糖のホームページでは只今、期間限定で
「災害備蓄用 焚黒糖」を今だけのお求めやすい価格でご案内しております
また、会社や各種団体様でのまとめ買いなどをご希望の場合も柔軟に対応させていただきます。
この機会に一度ご自身の非常時の備蓄について見直されてはいかがでしょうか?
上野砂糖のホームページには様々なお砂糖の紹介、活用法についても掲載していますので、
是非ご覧ください。

2018年9月25日火曜日

FM OH!  LOVE FLAP「上野砂糖SWEET LIFE」 9/25クイズのヒント

今月9月1日は防災の日であり、9月は防災月間です。突然見舞われる災害に備えて、備蓄食糧についてのクイズです。上野砂糖にも災害時の備蓄食糧としてご活用いただける
災害備蓄用の焚黒糖」がございますが、そこに記載されている保存期間は次のうちどれでしょう?

A:1年
B:3年
C:5年

商品画像を見ていただければ、一目瞭然ですね?
お砂糖は長期保存が可能ということから、災害時の備蓄食糧としても活用頂けます。
今回は上野砂糖の「災害備蓄用焚黒糖」のご紹介です。
「焚黒糖」自体には賞味期限の設定はございませんが、今回ご紹介いたします
災害備蓄用焚黒糖」には今回のクイズの答えにもありました、5年の保存期間を目安として記載しております。
災害時のための備蓄食糧は「災害時にだけ食べるもの」なんてお考えではないでしょうか?
最近は地震や台風、洪水など災害が頻繁に起こっているとはいえ、実際には災害時用の備蓄食糧の賞味期限を切らしてしまい、結果食べずに処分なんてこともよくお聞きします。
そこで「災害備蓄用焚黒糖」長期保存は可能ですが、定期的に状態を確認いただきたく、5年という保存期間の目安を設定しております。

 特に、災害時でなくても定期的に備蓄食材を見直し、食べて確認する「ローリングストック」が重要とされております。「災害備蓄用焚黒糖」を定期的に食べていただき、日頃よりその美味しい味にも親しんでください。
 先日の台風21号の際にもライフラインが停止するなどの被害もありましたが、皆さん非常時の備えはされていますか?
お砂糖は人間にとって必要不可欠なエネルギーを効率的に得られ、甘い美味しさから災害の時には人々の心を癒す効果もあります。
アレルギー物質も含まれていませんので、お子様からご年配の方までどなたにも安心してお召し上がりいただけます。 
 
この機会に、一度、非常時の備蓄について見直してみてはいかがでしょうか?
上野砂糖のホームページには様々なお砂糖の紹介、活用法についても掲載していますので、是非ご覧ください。
 
 

2018年9月18日火曜日

日本食糧新聞社 第6回「地域食品産業貢献賞」を受賞致しました。

 上野砂糖株式会社は2018年7月末に㈱日本食糧新聞社様より、第6回「地域食品産業貢献賞」に選定されました。9月14日(金)には東京新橋の第一ホテルにて同賞及び、第21回「日食優秀食品・機械・資材・素材賞」、第22回「業務用加工食品ヒット賞」の記念講演会、贈呈式、祝賀・交流パーティーが大々的に開催され、弊社は「地域食品産業貢献賞」を受賞致しました。
  
  記念講演会では、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局 勝野参事官による講演があり、その後の贈呈式では弊社社長が登壇し「地域食品産業貢献賞」の表彰状を頂きました。




 祝賀・交流パーティーでは受賞企業として弊社商品のPRブースも設置し、多くのご来場者様に沖縄黒糖を贅沢に使用した焚黒糖(たきこくとう)や、弊社独自製法で作り上げた成形黒糖、微粉砕黒糖、コーンスターチやデキストリン不使用で長期間固化しないグラニュー糖100%の粉糖初雪(純糖)、御供御砂糖などの弊社商品や取り組みに関してPRさせて頂きました。







 



  この賞は、日本食糧新聞社創刊70周年を記念して制定されたもので、全体のおよそ8割を地場産業的な中小零細企業が占める日本の食品業界において、地域経済や社会発展など「市民企業」として力強く貢献し先駆的な事例となる優良企業を選定、その業績、功績をたたえ表彰されるもので、今回で第6回目となる賞です。

 上野砂糖は、主な貢献内容として「沖縄黒糖を多く使用した加工黒糖で、離島産業に貢献」「高付加価値商品の開発で。砂糖の消費及び普及促進」の2点が評価され今回の選定となりました。
 「沖縄黒糖を多く使用した加工黒糖で、離島産業に貢献」としては、沖縄黒糖を含有率が高い加工黒糖である、焚黒糖(たきこくとう)を販売、家庭用から業務用まで幅広くご使用頂いており、2011年にも沖縄黒糖の含有量の高さから国産自給率向上に貢献しているとして、農林水産省主催のフードアクションニッポンアワードにて優秀賞を受賞しております。
 「高付加価値商品の開発で。砂糖の消費及び普及促進」としては、黒糖を使いやすい形状に加工した、黒糖蜜、微粉砕の黒糖・加工黒糖などの販売、グラニュ糖のみを原料とし、コーンスターチやデキストリンなどの固化防止剤を一切使用せず50日間の品質保証期間を設定した粉糖初雪(純糖)、印刷済みフィルムにグラニュ糖を入れ完全密封し、お供え後も甘味料として使用できる御供御砂糖などの商品が評価されました。

地域食品産業貢献賞ページ(日本食料新聞社)
http://info.nissyoku.co.jp/modules/general/view.php?id=533

平成30年度 第6回地域食品産業貢献賞授賞式に関して
http://info.nissyoku.co.jp/modules/general/view.php?id=2279